歯医者は嫌!と拒む子供を歯医者に通わせるために…

>

筆者の実体験と歯医者に行かせないための予防

筆者の子供時代の歯医者実体験

ここで少し、この記事を書いている筆者の子供時代の実体験を記載させていただきます。
私が子供の頃、虫歯の治療のために歯医者に行くことになったのですが、やはりあのチューンッ!と言う音や、独特な臭いに恐怖を感じてしまい、私は診察の前に泣き叫んで、暴れてしまった経験があります。
こんな私のために、歯医者さんは暫く、歯を削らずに患部をレジンで固めるのみの治療をしてくれました。
ある日、詰め物を治してもらおうと歯医者に行ったところ、先生が対応に追われ治療用の椅子の上で待っていたことがあったのですが、歯医者に勤めている看護師さんが時間潰しに治療用のドリルを見せてくれたり、小さなドリルを自身と私の腕にちょんと当てて『痛くないんだよ』ということを話してくれ、私は歯医者が怖くなくなったと言う経験があります。
子供が歯医者を怖がらないためには、看護師さんと子供とのコミュニケーションも大事なのかな?と私は思いました。

子供を歯医者に通わせないために…

お子さんが歯医者に行かないようにするためには、やはり様々な予防が必要です。
まず、子供の歯と言うのは、歯を守るエナメル層が薄く虫歯菌が出す酸に溶かされやすいと言う性質も。
虫歯にならないためにはお子さんと向き合い、しっかりと歯を磨く方法を教え習慣付けさせるのは勿論、お子さんが歯を磨いた後に仕上げをしてあげることが重要です!
歯磨きの形ができていてもお子さんが知らない、まだまだ磨けていない場所があるため、大人がしっかりと磨いてあげることが虫歯予防の一歩となります!
ですが、お子さんが歯磨きを嫌がる事もなくはないです。
それを予防するために、近年、骨伝導で音楽を流すことができる歯ブラシが開発されているようです!
これが実装されれば、歯磨き中にアンパンマンやシンカリオン、仮面ライダー等のお子さんが大好きな歌を流せば、お子さんも歯磨きが楽しくなり習慣付けさせることができますね!


この記事をシェアする