歯医者は嫌!と拒む子供を歯医者に通わせるために…

>

歯医者に連れていくために!

こんな時、親はどうすれば良いの?

お子さんが歯医者を嫌がってしまう時、親はどうすれば良いのでしょう?

まず、お子さんに歯医者に連れて行くときに大事なことは「歯医者に行くための心の準備をさせる」ということのようです。
虫歯を放っておくとどうなるか、親の力では治せないのか、ということを子どもに説明しておくと、心の準備ができるため治療をスムーズに行うことができるようです。
その他に、親御さんへの信頼を損なわないために『今日はなにもしない』等の嘘をついて歯医者に連れていかない。
『良い子にしていないと歯医者に連れていく』と歯医者を恐怖の対象にしてはいけない。

そして、お子さんの緊張を和らげるために両親がリラックスしていることが重要のようです。

そもそも、こんなに嫌がってるのに歯医者に連れていっては可哀想なのでは?
と考えている方もいるそうですが、虫歯というのは放置していると最悪の場合、死に至ることもある病気です。
しっかりと治療しましょう!

子供を持つ親御さんにはこんな体験談が…

お子さんが歯医者を怖がっているというのは、この記事を読んでいるあなたのご家庭だけではありません。

虫歯治療のために来たけれど、椅子に座った瞬間、恐怖で泣いてしまい、治療が一週間延びてしまい、その後もお子さんが泣いてしまってどんどん治療できる日が延びてしまっている。
前歯の根元が折れ、大規模な治療が必要なのに泣き暴れてしまいこんなことでは治療ができない!と、医師に匙を投げられてしまった…等の経験が。

そんななか、歯医者嫌いを治したのは歯医者さんと親御さんの工夫だったようです。

歯医者さんの構造上、治療の状況が外から見え頑張って治療をしている友達をみて、勇気を貰った。
治療が終わったら、医師からコインが貰え歯医者のなかにあるガチャガチャを回すことができ、恐怖を克服した。
治療中はお菓子をおにぎりや煎餅に変え、治ったらグミ等の甘いものに変えてあげると話した等々。

色んな体験と工夫があるようですね。


この記事をシェアする