歯医者は嫌!と拒む子供を歯医者に通わせるために…

>

嫌がるお子さんを歯医者に…

子供が歯医者を嫌がる理由

お子さんが歯医者を嫌うのは、どんな理由があるのでしょうか?

どんな人にでも、初めてなにかをするということは少しの恐怖がありますよね。
子供だってそれは同じで、歯医者が恐いという先入観があるからと思われます。
歯医者さんにはドリルのチューンッ!という音や、アニメに出てくるキャラクターが歯医者を嫌うという表現もあるため、ネガティブなイメージが付きまといがちです。
ドキドキ!プリキュアという作品内でも、キャラクターが虫歯になってしまい歯医者を怖がるという表現がありました。
その上、子供が悪さをした時に『良い子にしていないと歯医者さんに連れていく』みたいなことを言って『歯医者=お仕置き』というイメージがついてしまい、とても恐いところということになってしまうことも。

歯医者さん=怖い場所とイメージがついてしまった今、お子さんのためにどうすれば良いのか…
それは、別ページにてご紹介させていただきます!

何をしたって嫌がっちゃう子も…

多くのお子さんが歯医者を嫌う中、どんなことをしても『嫌』と暴れてしまうお子さんもいるそうです。

お子さんは大人に比べ物事を感じる力が強いので、歯医者などの不快なものにはハッキリと『嫌だ』と拒否することが多いそうです。
反応の仕方や泣いてしまう程度はそれぞれですが、5歳ぐらいになるとよほど歯医者でトラウマを覚える思いをしていない限りは、大半の子供は歯医者を受け入れてくれるようです。
しかし、それでも暴れるお子さんがいないわけがなく。
そんな子の治療を強行することは出来るようですが、できるからと言って治るまでずっと強行をしていると、その子が親の手を離れ大人になってからも自分から歯医者に行くことができなくなる、歯科恐怖症になってしまうことが危惧されているようです。


この記事をシェアする